Pocket

クリスマスチキンやケーキの売れ残りクリスマスイブやクリスマスを迎えるために、ケーキもチキンも全部予約して万全の態勢で待つ!
…なんて人ばかりでは当然ありませんよね。
とりあえずクリスマスのイベント感を味わうために売れ残りの半額や値引きで済ませたい人もいるはず。

当然クリスマス真っ盛りの24日はなかなか値引きされている所はありません。
かといって、日持ちするものでもないので、クリスマスが過ぎきってしまった27日などにはもうほとんど店頭に並ぶことはありません。

今回はそんなクリスマスのケーキやチキンが値引きされて安売りされて買うタイミングはいつがいいのか情報を整理しました。

スポンサードリンク
  

クリスマスのケーキが安売りで値引きされるのはいつ?25日が一番のねらい目か

クリスマスといえど、一番お祝いされるのは12月24日のクリスマスイブです。
クリスマス本番(?)ともいえる25日はもう売れ残りが並びやすくなっています。

こうした例年の動きどおりでいけば、クリスマスのケーキが値引きされるのは12月25日が一番のねらい目です。
早い所では12月25日の昼過ぎくらいからもう値引きされて売られています。

逆に12月25日の夜になると『売れ残り需要』の人に買われてしまって、もうほとんど売れ残りがないことが多いです。
特にここ2~3年はこうしたインターネットの情報やツイッターなどで値引き情報が流れ安くなっているので、一度値引きされると結構早めに売り切れます。

今年2017年のの12月25日は平日の月曜日。
仕事終わりに買いに行こうと考えている人はちょっとでも残業したらもう買えないかも。

クリスマスのチキンが安売りで値引きされるのは25日の夕方からねらい目

クリスマスのチキンもケーキと同じ考え方です。
一番売れるのは12月24日。
お店側として在庫を売り切りたいのは12月25日。
なので、12月25日が一番安売りで値引きされるタイミングです。

ただ、私が例年スーパーを見ている限り、意外と12月26日にも売っている所もあったりします。
チキンは保存がきくのか、在庫が多いのか、はたまたあまり買う人がいないのか。理由は定かではありませんが。
ケーキは12月25日に姿を消すことを考えると、チキンの方がやや売れ残り気味の傾向にあります。

そのため、値引きのタイミングもケーキよりちょっと遅いことがあります。
25日の夜21時過ぎとかだと半額に近い金額まで下がったうえで、まだ売れ残っているようなラッキーがあることも。

もちろんチキンも『売れ残り需要』があるので、あまり値引きを待ちすぎると買えなくなる可能性があることは注意しましょう。

スポンサードリンク

クリスマスのチキンやケーキの値引きはスーパーとコンビニでタイミングが異なるか

クリスマスのチキンやケーキはコンビニやスーパーで売られていますが、それぞれ値引きのタイミングが微妙に違います。
例年、私がスーパーやコンビニを見ている限りでは、コンビニの方が値引きするタイミングが早いように感じます。

これも理由は定かではありませんが、おそらく在庫を残してしまうことのお店側の負担がコンビニの方が大きいからなのではないかと思います。
そのため、コンビニの方が早く売り切ってしまいたいゆえに早めに値引きしているのですね。
(最近はほとんど予約注文だけにしているコンビニも多いですが…)

裏を返せば、コンビニで値引きされて売り切れていても、スーパーに行けばこれから値引きするというタイミングで買えることもあります。
あくまで私の住んでいる場所州への話で、地域やスーパー、コンビニの規模によっても違うかと思いますが、参考にしてみてください。

クリスマスのチキンやケーキの値引きや安売りのタイミングはいつ?のまとめ

基本的にクリスマスのチキンやケーキが12月24日に値引きされることはほとんどありません。
逆にお店側は12月25日には在庫を売り切りたいと考えます。
そのため、値引きや安売りのねらい目は12月25日になります。

どちらかというと、ケーキのほうが早めに値引きされます。
12月25日の昼頃には値引きされることも多いです。
一方でチキンも12月25日に値引きされますが、ケーキよりも若干遅く値引きが始まることが多いです。

コンビニとスーパーではコンビニの方が早いタイミングで値引きされます。

最近はこうした『売れ残り需要』も高まっているため、値引きを待ちすぎると買えなくなることも多いです。
狙っている人は12月25日になったら早めにお店に行っておきましょう。

スポンサードリンク
Pocket