Pocket

ドラゴンクエストライバルズ闘技場初心者スマホゲームのドラゴンクエストライバルズ。
リリースしたその月に1000万ダウンロードとかなり好評を博していますね。

ランクマッチやフリーバトルなど色々なモードがある中、多くのプレイヤーが夢中になっているのがいざないの闘技場
闘技場モードの魅力はは課金プレイヤーも無課金プレイヤーも同じ土俵で戦えること。
カード選びの運とプレイテクニック次第では始めたばかりのプレイヤーでも何連勝もできることも。

今回はそんな闘技場で勝てないプレイヤーに向けて、勝利のための基本を紹介します。

スポンサードリンク
 

ドラゴンクエストライバルズの闘技場ではどのプレイヤーキャラを選ぶべき?

ドラゴンクエストライバルズでは選んだ職業によって、職業専用のスキルと専用カードがあります。
つまり最初になんの職業を選ぶかでどんな戦い方になるのか大まかな方向性が決まります。

どのキャラもそれぞれ強いのですが、初心者であればテリー(戦士)かゼシカ(魔法使い)が使いやすいです。
この2人のキャラクターはテンションスキルもダメージ系なのでユニットを倒しやすいですし、職業カードも使いやすいカードが多いです。
いざないの闘技場では最初に3つの職業から選べますが、テリーかゼシカがいればとりあえず選んでおけばある程度安定して戦えます。

テリーは武器カードが強力で前半ははがねのつるぎ、中盤はきせきのつるぎ、終盤は雷鳴の剣とテリー単独でユニットをバンバン倒せます。
もちろん特技カードも低コストながらダメージを与えやすいカードが多いです。
テンションスキルを発動すれば貫通ダメージも入るので、相手はかなりやりにくくなります。

ゼシカはメラミやメラゾーマといったダメージ系のカードが豊富なので、手札さえそろっていれば相手に一気にとどめを刺すこともできます。
また、ピンクタイフーンやぱふぱふなど相手の行動を封じることができるカードも多いです。
カードを選ぶときに氷塊を生み出すカードをうまく引くことができれば、さらに強力なデッキになります。

次にオススメなのはピサロ(魔剣士)とククール(僧侶)です。
ピサロは一見、中~上級者向けの職業に見えますが、攻撃力を下げたり直接倒せるようなカードが豊富です。
また、速攻型から終盤型まで幅広く作りやすいので、カードが偏ってしまってもそれなりに戦えるデッキができます。

ククールは職業カードが回復系で使うタイミングなどがやや難しいですが、反面ユニットを減らしづらく盤面を取られにくいです。
また、ケイロンの弓やザキ・ザラキといった特技カードも強力です。

それ以外のアリーナ(武闘家)、トルネコ(商人)、ミネア(占い師)は決して弱くはないのですが、初心者にはやや扱いづらい癖のあるカードが多いです。
バトルになれないうちはあまり選ばない方がいいでしょう。

ドラゴンクエストライバルズの闘技場カード選びのコツは?

キャラ(職業)を選んだら、デッキとなる30枚のカードを引くことになる。
5枚ごとにカードが出る扉を選択することになり、全てランダムに出るMP3以下のカード限定だったり、5枚目に必ずスーパーレア以上が出たりと色んな扉がある。

スポンサードリンク

基本的にはどの扉を選んでも問題はない。
が、そんな中でも優先的に選んでおきたいのは職業の扉
職業の専用カードは強いものが多いので、ぜひ選んでおこう。

初心者の内は3~4のコストを中心にそろえると戦いやすいかもしれない。
が、もちろん高コストカードもある程度入れないと後半戦えない。
左下にあるコスト分布を参考にしながらカードを選んでいこう。

デッキの組み方としては、ユニット系が20枚前後、特技系7枚前後、武器系3枚前後(武器がないキャラクターは特技10枚前後)にするとちょうどいい感じになる。
また、6以上の高コストカードは5枚前後にすると戦いやすい。

ユニットカードで選ぶのに迷った時は、コストと攻撃力、体力が近いもの。(例えば、コスト3で攻撃力3、体力3であれば結構強い。)
におうだちを持つユニット、召喚時や死亡時にカードをドローできるユニットなどを中心に選んでいくといい。

高コストカードはグラコスやりゅうおう、シドーやゾーマは単純に強いので出てきたら1~2枚は入れておきたい。
が、それ以外の高コストカードであるキングリザードやバラモスゾンビなどは癖があるので、入れても活躍できない場合もある。

レア度の高いカードばかり引ければ当然強力だが、こればかりは運しだい。
戦うイメージを持ちながらデッキを組んでいこう。

ドラクエライバルズの闘技場で安定して勝つためには場の支配を覚える

決して闘技場に限らないが、ドラクエライバルズで勝つためには場に出ている相手のユニットを出来るだけ減らすことが大事になる。
相手のフィールドに出ているユニットの数を減らし、自陣側のユニットをできるだけ生存させる。
基本的にはこれを意識するようにしよう。

自軍ユニットの攻撃で相手を倒せて且つ自軍ユニットが生き残るのであれば、積極的に攻撃しよう。
また、相手の高コストカードや高火力カードを低コストカードで処理できるときもどんどん処理していく。

先ほどテリーやゼシカが扱いやすいとお伝えしたのは、これらのキャラクターであれば低コストの特技や武器で直接相手ユニットを倒すことができるためだ。

そしてバトル終盤で攻撃力の高いカードが出せるようになってきたら相手への直接攻撃をしてプレッシャーを与えていく。
終盤でこちらの盤面に高火力カードがあれば、相手は多少効率が悪くてもコストや手札を使って倒してきてくれるので、どんどん相手の取る手段が少なくなっていき押し切れる。

序盤で盤面を取り、中盤にかけて相手のHPと高コストユニットを倒していき、終盤は相手に直接攻撃をしてプレッシャーをかける。
こうしたバトル展開を目指していこう。

ドラゴンクエストライバルズの闘技場で初心者が勝つための基本まとめ

選ぶキャラクターはテリーかゼシカが第一候補。
次にククールとピサロだ。
アリーナ、トルネコ、ミネアは決して弱くはないが初心者には少し扱いづらい。

選ぶカードは職業専用カードを中心に選んでいく。
また、デッキのバランスは3~4辺りを中心に固めつつ、そのほかのコストのカードを揃える。
ユニットカード20枚前後、武器・特技系カード10枚前後がバランスがいい。

戦いのコツは相手のユニットカードを倒していくこと。
HPを減らしていくのは後半になってからでもいい。
まずはこちらのユニットを減らさずに、相手のユニットを減らすことを考えながら戦っていこう。

スポンサードリンク
Pocket