Pocket

ビーフストロガノフ冷たい風が身に突き刺さる季節になってくると恋しくなってくるのがビーフストロガノフ。
独特の香ばしさと口の中一杯に広がる濃厚な牛肉のエキス、爽やかな酸味がたまらなくおいしいですよね。

そんなビーフストロガノフ、味としては結構主張の強いものになりますし、ロシアの料理とあって、なかなか日本のおかずと合わないことも多いですよね。
でも、ビーフストロガノフだけというのもなんだか味気なくもう一品欲しくなります。
そこで今回はビーフストロガノフに合うおかずを紹介します!

スポンサードリンク
  

ビーフストロガノフに合うおかず

  1. マカロニサラダ
  2. サラダ系のおかずは何でもビーフストロガノフと合うのですが、私がよく一緒に食べるのはマカロニサラダです。
    ビーフストロガノフの酸味をマカロニサラダのモッタリ感で中和してくれてビーフストロガノフも美味しいままで食べることができるので、一押しのサラダです。

  3. オニオンスライスサラダ
  4. マカロニサラダと全く別の方向から食卓を盛り上げたいなら、さっぱり系のオニオンスライスサラダはいかがでしょうか?
    献立にみずみずしさが加わって、前菜的に食べられるのも魅力です。
    ビーフストロガノフとさらにもう一品のおかずによっては、ちょっと味付けが濃くなってしまうこともあるので、さっぱり系でバランスを取るのはアリですね。

  5. マッシュポテト
  6. じゃがいも系のおかずってビーフストロガノフとかビーフシチュー系のおかずと本当によく合うんですよね~。
    今回はマッシュポテトをおススメしますが、ハッシュドポテトでもじゃがバターでもなんでも合います。
    ボリューム感を出したいときもピッタリですよね。

  7. カキフライ
  8. 一品物のおかずで私の中の鉄板がコレ!
    カキフライです。
    ビーフストロガノフの独特の風味とカキフライの味合わせって笑っちゃうくらいピッタリくるんです。
    ちょうどビーフストロガノフを食べたくなる季節がカキの旬と合うのも素敵な巡り合わせですよね~。

  9. キノコのバター炒め
  10. ちゃちゃっと火を通した一品を作りたいときはキノコのバター炒めもいいですね。
    私はしめじ、青菜、ベーコンなどを入れつつ、その時冷蔵庫に眠って使いたいものを入れてバター炒めします。
    こうしたふんわり香る炒め物はよく合うのでオススメです。

  11. ローストビーフ
  12. 手軽なのに、ものすごくオシャレな食卓に見える魔法の一品がローストビーフ。
    ビーフストロガノフとローストビーフを揃えると、なんだか食卓の上にロウソクをともして食べたくなるのは私だけではないはず(笑)
    ローストビーフにさらにオニオンサラダなどを組み合わせてもいいですね。

  13. チーズオムレツ
  14. 卵料理にするなら、チーズを入れて一工夫したチーズオムレツがいいですね。
    ただのオムレツだとビーフストロガノフの味に負けちゃいます。
    他にもジャガイモを入れたり、ウインナーを入れたりするのも美味しいですね。

スポンサードリンク

ビーフストロガノフのメインのご飯をこんなもう一品にしてみては?

ビーフストロガノフはビーフシチューやハヤシライスに比べると酸味が効いている分、普通の白いご飯は「ちょっと違うかな…」ってなることが多いですよね。

普通の白いご飯を別のメインにしてみるだけで満足度が全然違います。
私がよくやる3つのメインを紹介します。

  1. サフランライス
  2. サフランライスと聞いても「?」となる人が多いかと思いますが、よく洋食屋さんとかでみる黄色のライスです。
    作るのはすごく簡単で、コショウとかを出してるS&Bさんから炊飯するときにひとつまみ入れるだけでサフランライスができる調味料が売ってるので、それを使うだけです(笑)

    サフランライスにするだけでビーフストロガノフと一気に合うようになりますよ!

  3. ガーリックライス
  4. ガーリックライスは名前の通り、ニンニクの香りづけをしたライスですね。
    こだわりだすと色んなガーリックライスができるのですが、私はニンニクとしょう油だけでシンプルにご飯を炒めるのが好きです。

    これもほんのひと手間でできるのでビーフストロガノフの時は是非!

  5. ガーリックトースト
  6. ご飯じゃなくてパンならガーリックトーストも美味しいですね。
    フランスパンがあるといいですが、食パンでも十分おいしいです。
    ざっくり作り方を言うと、オリーブオイル、バター、ニンニクのすりおろしを混ぜてパンに塗って焼くだけです(笑)

ビーフストロガノフの副菜として合わせるスープ

シチュー系・クリーム系のおかずの時はスープは必須ではありません。
が、私のようにやっぱり汁物がないと落ち着かないという人もいるはず。
ビーフストロガノフの濃い味付けと被らないようにあっさり目のスープを中心にチョイスしていきましょう。

  1. コンソメスープ
  2. シンプルなコンソメスープ。
    ビーフストロガノフのパンチが強いので、これくらいあっさりしてシンプルなスープでちゃんとバランスが取れます。
    献立で野菜が足りないと思ったらコンソメスープ内に入れてカバーするのもいいですよね。

  3. ポタージュの冷製スープ
  4. 夏でも冬でもビーフストロガノフの時にオススメなのがポタージュの冷静スープです。
    温かいポタージュだとビーフストロガノフと方向性が似すぎてしまうので…
    冷たいスープだとお口直しもできていいですね

  5. 中華卵スープ
  6. もうちょっとスープの存在を際立たせたいときは中華卵スープがオススメ。
    白菜や肉団子を入れてボリューム感を増やしてもいいですね。

ビーフストロガノフに合うおかずまとめ

ビーフストロガノフは味の主張が強く、風味も独特。
そんなビーフストロガノフに合うおかずはマカロニサラダなどのサラダ系やジャガイモ料理、カキフライ、バターやチーズを使った料理がオススメ。

また、メインのご飯を白いご飯ではなくひと手間加えたサフランライスやガーリックライス、ガーリックトーストにするとそれほどおかずを用意しなくても満足度の高い献立になります。

スープは必須ではありません。
が、ほしくなる場合はあっさりめのコンソメスープを基本に、変化をつけたいときは冷静スープや中華スープを出すといいですね。

美味しいビーフストロガノフの食卓になりますように!

スポンサードリンク
Pocket