Pocket

川根温泉ホテルのバイキングの混雑や感想静岡県島田市の川根にある川根温泉ホテル
2014年にできたばかりのホテルでとても綺麗なホテルです。

自然に囲まれた気持ちの良いホテルであると同時に、大井川鉄道を走るSLが見れるとあって、気持ちよく過ごすことができます。

今回は川根温泉ホテルのビュッフェスタイルのランチにお邪魔させていただきましたので、感想などをレビューしていきます。
(※撮った写真がほとんど消えてしまったので、文章中心になりますがご了承ください。)

スポンサードリンク
  

川根温泉ホテルのバイキングでランチしました!

川根温泉ホテルのランチバイキングは、11時から90分交代制のビュッフェスタイルのランチになっています。

席は百席あり、ランチ会場のガラス張りの大きな窓からはこの辺りを代表する川である大井川と夏になると機関車トーマスが走ることで有名な大井川鉄道が見えます。
もちろん夏以外でもSLが走る現役の鉄道なので、ランチ中にSLが走るのを眺めることができます。

最初に2種類のパスタかデザートのメインディッシュを頼みます。
ビュッフェをしっかり食べたい人はデザートを頼んでおくといいですね。

ビュッフェスタイルの品数もなかなか種類があります。
マグロやエビのお寿司、ちらし寿司、グリーンサラダやマリネ、鶏の唐揚げ、ウインナー、フライドポテト、ミックスピザや蜂蜜ピザ、カレー、炊き込みご飯、お茶漬け、お味噌汁、かぼちゃスープ、チョコレートフォンデュ、アイスクリーム…などなど40から50種類くらいはありました。

料理もおいしく、スタッフさんもスムーズに動いていたのが印象的でした。
うん、満足です!

川根温泉ホテルのバイキングの混雑状況は?

さてさて、気になるのがランチの混雑状況でしょう。私も行く前にここだけは気がかりでした。

というのも川根温泉ホテルのバイキングは15名以上の団体様に限り予約が可能なので、基本的には早い者勝ちになります。
普通の平日なら余裕だと思うのですが、私が行ったのはゴールデンウィークの休日。もしかしたら入れないかも…と思っていました。

11時スタートのバイキングで到着したのが10時50分ごろ。
予定より少し遅くついてしまいましたが、既にざっと70名ほどの先客が列を作って待っていました!
しかも団体様も1つ入るとのこと。

…これはもしかしたら入れないかも、と思いましたが何とか座ることができました。
私達の後の人は入れない人がいたので、恐らく11時ピッタリについていたら入れなかったでしょう。
ちゃんと座りたい場合は余裕を持っていくことをおススメします。

ちなみにバイキング会場は室内と外の席があります。
天気がいい時は外の席も気持ちいいですね。私は室内の席に座りました。

確実ではないですが、今回私が行った時は12時30分ごろがもう1つのねらい目でした。
というのも11時に入場したお客さんが90分の制限で大体入れ替わるのが12時30分前後だからです。
もちろん全てのお客さんが90分で食べるわけではなく、45分で終わる人もいれば、60分で終わる人もいると思うのですが、11時30分くらいの時間に来るくらいなら、思い切って
12時30分くらいにした方が待たなくて済むかな?とこの日は感じました。

ちなみに、バイキングは大人1,850円、小学生の子ども1,100円、3歳~6歳の子供が500円です。
私はお風呂とバイキングがセットになったチケットを買ったので、2,200円でした。
支払いは基本的にバイキングを食べた後ですが、私のようにお風呂とのセット券を買う場合は事前にホテル入り口にある券売機でチケットを買って入場することになります。

スポンサードリンク

川根温泉ホテルのバイキングの感想

ご飯を食べていると会場内にアナウンスが。

「まもなく、大井川鉄道をSLが走ります。」

・・・なんと!わざわざSLが走る直前にお知らせしてくれます。これでご飯も集中して食べることができますね(笑)

SLが通る時は会場の皆さんもスマホを持って窓の外へ目を向けていたのが面白かったです。

ローストビーフやステーキのような派手な品目はないものの、全体的に味も美味しく種類も想像以上にありました。
また、SLを含めた景色がとても気持ちよく満足できたランチバイキングでした。

川根温泉ホテルバイキングのまとめ

川根は自然が豊かな場所ですが、だからこそ行く前は正直あまり大したことないビュッフェなんだろうな…、と思っていましたが、こちらの期待を超えてクオリティの高いバイキングでした。
景色も含めて是非一度味わってみてほしいです。

バイキング⇒温泉⇒昼寝のトリプルコンボで最高の一日になりました(笑)

スポンサードリンク
Pocket