Pocket

卒業式に泣くこと卒業式の日にはこれまで一緒の時間を過ごしてきた同級生の子たちや部活の後輩、色んな事を教えてくれた先生方とお別れをすることになります。

卒業式前までは明るく振る舞っていた友達も卒業式当日は声を上げて泣く子もいれば静かに涙を流す子もいて、様々な涙を見ることができます。
でもそんなみんなが泣いている一方で、「別に泣くほどでもなあ…」と思う方もいるはず。
皆が泣いているのでなんだか泣いてない自分が冷たいのではないかと思ってしまいがちですが、卒業式は泣くもんなんでしょうか?

今回は卒業式で泣いている子を見てなんとなく心がもやもやしている人へお届けします。

スポンサードリンク
  

卒業式に泣かないのは冷たいこと?

卒業式が始まる前には「今日卒業だね~!」なんて明るく会話していたのに、卒業証書授与が進むにしたがってちょっとずつ泣き始める子が出始めて、在校生の言葉や卒業生の言葉が進むにしたがってさらにすすり泣く声が大きくなっていき、体育館や講堂で行われた卒業式の後、クラスの教室で最後のお別れホームルームなんかをやっているともうワンワンと声を出して泣き始める子がたくさん出てきます。
女の子の方が泣いている子が多いですが、男の子でもこらえるように鼻をすすっている子も何人かいます。

そんな泣いている子を見て「おおう…。泣いとる…。」なんて妙に冷静になっている自分を見ると、本当は感動するはずの卒業式で泣いてない自分がどこかおかしいのではないかと感じてしまうこともあります。
私なんかは泣いている人を見ると逆に冷めちゃう性格だったので、皆が泣けば泣くほどどんどん冷静になってしまって「みんななんで泣いてるの?」くらいの感覚でした。

スポンサードリンク

卒業式で泣く理由はあるけれど…

卒業してしまえば一緒に過ごした仲間たちとは離れ離れになります。
いい思い出もあれば嫌な思い出もありますが、それらすべてひっくるめてやっぱりお別れの時は寂しい気持ちになったり、悲しい気持ちになったりします。

卒業式に流している涙にもいろいろな理由があるでしょう。
とにかく仲が良かった友達と別れたくない。辛かった学校生活を振り返って、やっと卒業して安心できる。ただ単にもらい泣きしている。
卒業式でなく理由はとてもたくさんあります。
もちろん、涙は理由がなくても流れるものですが。

ある統計によると卒業式に涙を流す子の割合は女の子が大体6割、男の子が大体2割くらいで全体で見ると 4割から半分くらいの子が泣いているみたいです。
が、教師をやっている知人に聞くと最近は涙を流す子もへってきているとのこと。
最近は卒業してもfacebookやlineですぐに連絡が取れますし、あんまり「別れ」の感覚がないからなのかなあ、とはその友人の分析ですが、なんにせよ泣く人もいれば泣かない人もいますし、涙を流すことは自然なことともいえます。

それでもやっぱり卒業式で涙は出ない。

しかし、それでもやっぱり卒業式で涙は出ない人はいます。そして涙が出ないからと言って冷たい人というわけではありません。

同じ時間を過ごして同じ体験をしていても、涙が出るまでの導火線は人それぞれ。それぞれの人が涙を流す理由も様々です。
私のように「さぁ泣く場面だぞ、泣きなさい」みたいなシチュエーションになると逆にどんどん冷めてしまう人だっています。

涙のきっかけは人によって違います。
皆が泣いてるからと言って自分も合わせて泣かなければいけないなんてことは絶対にありません。心が温かいか冷たいかなんてことはそんな単純なものでは測れません。

面白い話ですが、自分の卒業式では全く泣かなかったのに、娘の卒業式では感動して涙が止まらなかったという人もいます。自分のためには全く涙を流さなくても、娘のためには涙を流す人もいる。こんな人が心が冷たいわけがありませんね。

まとめ

涙をながして別れるもよし。
笑顔で別れるもよし。
人にはそれぞれの卒業の形があります。
ぜひ自分の感じたこと、思ったことに正直に卒業式を過ごしてください。

スポンサードリンク
Pocket