Pocket

オムライスのソースケチャップ以外のオススメオムライス、美味しいですよね。
ふんわりした卵とケチャップがよく絡まったチキンライスの甘さが口の中でほどけるとどこか懐かしくホッとする味が口の中に広がります。

そんなオムライスにはソースをかけて食べる人も多いはず。
オムライスをより幅広く楽しむためには、ソース選びも大切です。

スポンサードリンク
  

オムライスのソースをケチャップ以外でも試してみよう!

オムライスといえばケチャップを使って文字を書くのが定番ですね。

付き合いたてのカップルは「だいすき!」なんて書いたりして、ケチャップの甘さが色んな意味でより甘くなっちゃいます。

でも、待ってください。
オムライスをケチャップだけで食べるなんてもったいないですよ。
ケチャップももちろんおいしいですが、他のソースをかけてもオムライスは美味しいのです。

オムライスのおすすめソース私的ベスト5!

オムライスで私がこれまでケチャップ以外で試してきたソースで特におすすめのソースを5つ紹介します。
ソースが変わるだけで印象がガラリと変わるんですよ。

第5位:明太子ソース

材料は明太子1/2房と牛乳、レモン汁、マヨネーズ、みりんを大さじ1杯ずつ。
これらを混ぜれば手軽に明太子ソースができます。もちろんチューブタイプのすでに出来上がっている明太子ソースでもいいです。

オムライスに明太子ソース!?と意外かもしれませんが、明太子ソースの甘じょっぱさとチキンライスのふんわりとした甘さがものすごくよく合うんです。
普通のオムライスとは印象が全然違ってきますよ。

第4位:ウスターソース

オムライスにケチャップをかける人は多くてもソースをかける人はなかなかいません。
でも言われてみればなんで試したことないのか不思議じゃないですか?
ウスターソースをかけるとちょっとお好み焼きのような親しみのある味に変わります。
卵ともチキンライスともよくマッチしますよ。

スポンサードリンク

第3位:ホワイトソース

材料は小麦粉大さじ2、バター15g、牛乳200cc、塩こしょうを少々です。

小麦粉とバターを耐熱容器に入れて、レンジで温めてバターを溶かしてからよく混ぜ合わせます。
混ざってきたら牛乳を100cc分混ぜながら泡立て機で滑らかになってきたらレンジで2分加熱します。
取り出して、再度100cc加えながら泡立て器で混ぜます。混ぜながら塩コショウを加えて再度レンジで2分加熱して出来上がり。

もちろん、ホワイトソースもすでに出来上がっている市販のものを買ってきて使うのもOKです。

洋食屋さんでも出てくるホワイトソースがけのオムライス。
ウスターソースとは逆にオムライスの持つ甘さをさらに引き出してくれるような上品な味になります。
アレンジとしてホワイトソースにマッシュルームやエノキなどのキノコを入れてひと煮立ちさせてからオムライスにかけるとさらに旨みが増してきます。

第2位:デミグラスソース

これは王道ですね。
デミグラスソースはやっぱりケチャップと並んでオムライスにかけたいソースです。
一から作るのは大変なので、市販のものを買ってくるか、ケチャップとソースを混ぜ合わせて作るデミグラスソースが手軽でいいですね。

より深くコクのあるオムライスにしてくれるデミグラスソースがけ。
男女問わず大人気のソースです。

第1位:ミートソース

やっぱりトマトベースは強かった…。
オムライスのミートソース掛け。
オムライスの優しい甘さとミートソースの香ばしさが絡まって抜群の食べ合わせです。ケチャップをかけるよりも味に深みが増して、ボリューム感も出るので、満足度が高いです。

また、作るのが少し大変ですが、ミートソースの仲間であるボロネーゼソースも絶品です。
ボロネーゼソースがかかったオムライスは永遠に食べられるんじゃないかというくらい美味しいです。
是非お試しあれ!

ソースを変えてさらにおいしいオムライスへ!

オムライスはソースを変えるだけで色んな味が楽しめます。
ケチャップの甘さもいいですが、明太子ソースやホワイトソース、デミグラスソースやミートソースなどオムライスをより色んなバリエーションで楽しむならソースを変えてみることを試してみてください。
「ソースを変えるとこんなに味も風味も変わるんだ!」と驚きと発見がありますよ。

あなた好みのオムライスを発見してみてくださいね!

スポンサードリンク
Pocket