Pocket

運動会のお弁当
お子さまが元気いっぱいに活躍する運動会。運動が得意でも苦手でもお子様の成長の証を見られるのはとても楽しみですよね。そんな運動会に欠かせない「お弁当」。お子様自身も普段の給食とは違い、特別なイベントの日に食べるお弁当はそれだけで思い出になるものです。

しかし、お弁当を食べるのはお子様だけではありませんね。もちろんあなた自身も食べるでしょうし、なにより孫の運動会を楽しみに見に来る義理両親も一緒にお弁当を囲みます。子供のことを考えつつも、義理両親も満足してもらうお弁当にして楽しい時間を過ごすにはどうすればいいのでしょうか?姑にも義父(舅)にも受けのいいお弁当のおかずをご紹介します。

スポンサードリンク

運動会に義理両親が来る時のお弁当はどうする?

運動会に義理両親がやってくるときのお弁当の基本として、まず押さえておきたいのは、義理両親の苦手なものは避けるです。

お弁当なので、多種多様なおかずを入れることにはなりますが、特に姑の「海鮮系はダメ」「肉は食べない主義」など好き嫌いがあると、作っても食べられないので余ってしまったり、子どもが同じものを食べ過ぎてしまうということもあります。夫君を利用するなどして、事前にリサーチをしておきましょう。

また、個人的な好みとは別に「我が家では運動会のお弁当には必ずこれを入れる!」のようなお決まりのおかずがあるのであれば、それも事前にリサーチしておいた方がいいでしょう。私の知り合いで「運動会には必ずお稲荷さんを用意しなさい!」というルールの家に嫁いだ人もいます。

気を使い過ぎて、義理両親が喜ぶようなお決まりのおかずばかりで取り揃える必要はありませんが、少しだけでも盛り込んでおくと後で嫌味を言われることも少なくなりますし、翌年の運動会からお決まりのおかずを持ってくるといったおせっかいを受けることも少なくなります。

運動会のお弁当で姑受けがいいのは?

次に姑受けのいい運動会のお弁当のおかずです。

ご飯系はひじきの混ぜご飯や鮭などの焼き魚のほぐしたものをいれたおにぎりなど素朴な感じのものが喜ばれる傾向にあります。おにぎりはのりで巻くか、ラップに包むなどして、手に取りやすいようにしましょう。少し小さめに作ると食べやすいです。

スポンサードリンク

肉巻きおにぎりは子供受けはいいですが、あまり姑受けはよくありません。子供用に肉巻きおにぎり、大人用に普通のおにぎりをつくるのは大丈夫ですがすべて肉巻きおにぎりにしてしまうのは控えたほうが無難です。

おかずは、煮物系の受けが良いですが、お弁当から煮汁がこぼれてしまったり、味付けに失敗するなどの「うまくいかないパターン」もあり得ます。茹でたお肉を使ったサラダや子供にも喜ばれるベーコンのアスパラ巻きなどは比較的姑にも食べやすく、オススメです。また、濃い味のためのアクセントとして、開いたちくわの中に明太子を入れたり、梅干しなんかをまくのもいいですね。

運動会のお弁当で義父の受けがいいのは?

続いて運動会のお弁当で義父の受けのいいおかずの紹介です。

義父の場合は、基本的には男性が好きなものをそのまま作ってあげれば喜びます。少しくらい味付けが濃くても大丈夫です。卵焼きやウインナー、コロッケなど定番のようなおかずを揃えましょう。先ほどのちくわアレンジとして、チーズやきゅうりをいれてもいいと思います。義父の場合は、ご飯やおかずの量に気を配りたいです。意外と年齢を重ねても食べる量が落ちないので、夫君と同じくらい食べると思っても大丈夫です。

義父が来る場合は、おにぎりを少し多く作っておくと、満足してもらいやすいです。(サイズは小さめで大丈夫です)

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでを踏まえて、1つの例としておかずのラインナップを紹介します。

構成・・・子供、姑、義父、夫君、あなた

  • おにぎり(ひじきごはん、鮭、ツナマヨ、おかか)
  • 玉子焼き(プレーン/にら)
  • 蒸し鶏とレタスのサラダ
  • アスパラベーコン巻き
  • 牛肉コロッケ
  • 鶏の照り焼き
  • ほうれん草の胡麻和え
  • レンコンとニンジンのきんぴら
  • ちくわ巻き(梅、きゅうり、しそ、チーズ、明太子)
  • 茹でトウモロコシ
  • こんにゃくステーキソース炒め
  • オレンジ

運動会の主役はあくまであなたのお子様です。お弁当の時間にみんな笑顔でご飯を食べられれば、きっと素敵な思い出の一ページになると思います。義理両親もくる中で色々と気遣いがあり大変だと思います。あなたのお弁当作りのお悩みが少しでも和らげば嬉しいです!

スポンサードリンク
Pocket