Pocket

大学のサークルの怪しい話忘れもしない大学入学初日。
これから始まる大学生活にワクワクする僕。
オリエンテーションをやって学校の紹介やら代表的なサークル(部活?)の紹介をされた後に声をかけてきたにこやかなお兄さんたち。
さわやかなその笑顔の裏に隠された謎のチカラとは!?

めくるめく怪しげサークルワールドのはじまり、はじまり~
(この話は実話90%、フィクション10%でお送りします。)

スポンサードリンク
  

怪しげなサークルのテンプレ通りすぎる!

上京してきて、初めての一人暮らしの初日に自転車の前輪に穴をあけられるという都会の洗礼を浴びた僕は、「東京こえぇ~!」と思いながらも大学の初日を迎えることになった。

大学のオリエンテーションは正直今となってはどんな内容かほとんど覚えていないけど、今でも印象に残っている言葉がある。

「皆さんはこれからサークル活動も始めるかと思いますが、中には学生をだますような悪いサークルもいます。こうしたサークルは最初アンケートに答えてくださいと言って皆さんの個人情報を把握しながら、近寄ってきます。アンケートは答えちゃダメです!」

はえ~。やっぱり東京こええなあ~。でも、そんな怪しげなサークル堂々と活動なんかしてないっしょ~。

そんなことを思いながら、初日からガンガンサークル活動をしている先輩たちをしり目に、ひとまず帰路につこうとする僕。
チャラいサークルはやだし、囲碁部に入りたいけどレベル高いっていうし・・・。いっそサークル入るのやめよっかな~・・・。

話しかけられるのも面倒なので、あまり興味があるような顔をせずに颯爽と歩く僕に話しかける爽やかなお兄さんが一人。
ポケモンのトレーナーばりに目が合ったとたん近づいてこう言い放った。

「こんにちは~!すいません、今新入生を対象にしたアンケートやってるんですけど、良かったら回答してくれませんか~?」

あやしげな おとこが しょうぶを しかけてきた!

サークル勧誘のアンケートに答えるとどうなる?

いやいや、そんな注意された初日にこんな怪しげなサークルの代表例みたいなの出てくるー!?しかもそんな怪しげなサークルって言われてるんだったら、手口も変えてくるんじゃないのー!?

正直、事前に注意受けてなければ、めちゃくちゃ素直に答えていました。だって、お兄さんの笑顔めっちゃさわやかだったんですもん。心なしか歯も白いですもん。歯磨き粉のCM出来そうですもん。

でも、さすがに注意勧告を受けた初日。ここでアンケートに素直に答えたら、大学生活も狂ってしまうかもしれません。

ただここで謎の好奇心もムクムクと顔を出します。「全部嘘の情報書いとけばいいんじゃね?」

正直過去の自分に伝えられるなら適当なこと言って離れとけ!っていうんですが、ちょっと冒険心が出てアンケートに答えることに。

アンケートそのものは別に変な項目はなかった。でも、「高校時代友達は多かったですか?」とか今思えば余計なお世話と思う項目も(笑)

スポンサードリンク

そして名前と住所には適当なことを書いて終わり。
アンケートをかいた後には「よかったら、僕たちもサークル活動やってるんだけど、まだどこか決めてないんだったら、見学においでよ!」とのテンプレのようなセリフ。まぁ、これはどこのサークルも言いますけどね。

ただ、この後連絡先も知りたがったのは怖かった。電話番号とアドレスは困るので、捨てアドを教えてその場は離脱。

2週間ほど後でしょうか。捨てアド宛に「新歓コンパ!」のタイトルのメールが。場所は大学の近くの割と大きめなチェーン店。

「さすがにこれは行くのマズいなー。やめとくか」と思って、友人にネタな感じで話したら「面白そうじゃん、行こうぜ!」

うん、多分この友人あほだわ。

なんとも香ばしいサークル活動

さすがにひとりでは行けなかったですが、小学校~高校2年まで柔道をやってたガッチガチの友人と一緒にいくことに。やばかったら即逃げすることにして参加。

意外と人が多くて、僕たち合わせて20人ほど。女の子もいて、はたから見たらめちゃくちゃ充実しているサークルに見えます。

飲み会は普通に始まりました。一応オールラウンドサークルの体らしく、サークルに入ったら今までのぼっちでモテない人生でも簡単にリア充の仲間入りが出来ることを力説してきます。やかましいです。

様子が変わってきたのは会の途中で余興が始まった時。「これから部長がコイントス10連続で当てまーす!」というよくわからない余興をおもむろにやりだしました。

「普通、いくら二分の一とはいえコイントスなんて当たらないでしょ?でもこの黄色のキーホルダーをポッケに入れてコイントスをやると~…、ホラ!」

・・・え、いやいやホラってアンタ。
なにその、キーホルダーって。
もっと種も仕掛けもあってマジック的な余興じゃないん?

周りの人も「いやいや、部長そんなことにホーリーパワー使っちゃダメだってw」ってなんすかホーリーパワーって。聖なる力って今時ゲームのRPGでももうちょっとこった名前にしませんか?

余興が終わった後は会話の中にもちょいちょい「ホーリーパワー」的なものを混ぜてくるようになり、「実はさー、俺が彼女出来たのもさっきの黄色のキーホルダー的なものを持つようになってからなんだー」とか「私も信じてなかったけど、目に見えない不思議な力ってあるんだよねー」とかどこのファンタジーRPGですかっていう会話がちらほら繰り広げられるようになりました。
もうどこから突っこんでいいかわかりません。

そしてなんのかんので飲み会が終わりました。「二次会あるけどいく人ー!」って聞いてきましたが、高速で首を横に振って友人共に帰りました。
多分あのまま二次会、普通に見えるサークル活動を通じて、徐々にホーリーパワー得る系グッズを買うようなサークルだったんかなあ…と、今になってみれば思います。

まとめ

これから大学生になる人はマジでこういうのはついてかないようにね!
今は「アンケート」っていう方法じゃないのかもしれないけど、とにかく最初から個人情報聞こうとするところとかアウトだから。
怪しいと思ったらサークル名とかさりげなく聞いて、学校の学生課に聞いてみたりしよう。

今回みたいに「後々ネタになりそうだからw」なんて感じで行くと危ない目に合うかもしれないからね!お兄さんとの約束だ!

スポンサードリンク
Pocket