Pocket

友チョコをクラスの子にバレンタインデーには本命チョコをあげるよりも友チョコをあげるのがメインだ!なんてことも最近ではあるあるになってきました。クラスの子にあげる友チョコはそんなにお金をかけることもできないので、簡単で安くて大量生産できるお菓子にしたい所ですよね。

そこで今回は友達にあげやすいおススメの友チョコと市販のお菓子を使う時の一工夫デコについてお伝えします!

スポンサードリンク
  

友チョコをクラスの子にあげたい!

友チョコをクラスの子達にあげるときは、なにしろたくさん作らなければならないので、一度にたくさんできるものか、作るのにそれほど時間がかからないものにしたいですよね。

また、大量に作るとどうしても味にブレが出てきてしまうので、一度にたくさん作っても味がぶれにくいお菓子を選んでいきたいです。そんな基準で私のオススメのお菓子を選んでみました。

友チョコを大量生産できるお菓子3選

1.チョコレートブラウニー
チョコレートブラウニー

ふわふわの食感がたまらないチョコレートブラウニー。オーブンで本格的に作るのもいいですが、今回はより簡単にできる炊飯器を使ったレシピをご紹介します!

☆材料(10人分)

  • 板チョコ(市販のもの)2枚
  • グラニュー糖 70g
  • 卵2コ
  • 薄力粉75g
  • 無塩バター80g
  • ベーキングパウダー 5g
  • ココアパウダー20g
  • ラム酒 小さじ1杯
  • ☆作り方

    1. 1.卵二個をボールに割り、軽く混ぜたらグラニュー糖を加えてよく混ぜる
    2. 無塩バターを70g分取り分けて、板チョコと一緒に電子レンジで30秒ほど加熱する。加熱したらヘラを使って滑らかになるまで混ぜる。
    3. 2の中にラム酒を入れてさらに混ぜる
    4. 1と3を入れてさらに混ぜる
    5. 薄力粉、ベーキングパウダー、ココアパウダーを粉ふるいで4にふりかけてさらに混ぜ合わせるようにする。
    6. 炊飯器の内側に先ほど取り分けたバターを塗ってここまで混ぜ合わせたものを流しいれる。
    7. 炊飯ボタンをおす。
    8. 炊けたら串などを刺してみて、中まで焼けているのであれば焼き上がり。出来ていない場合はもう一度炊飯ボタンを押すか、保温ボタンで熱を加える。
    9. 学校に持っていく時は粗熱をとってから、冷蔵庫の中で冷やして持っていく。

    炊飯器を使うことでとても簡単にできますし、焼きムラもないので、味も安定します。

    2.生チョコ
    生チョコ
    みんな大好き生チョコ。高級感のある味わいですが、簡単に作ることが出来ます。ココアパウダーを用意すれば正統派の生チョコ、抹茶を用意すれば生抹茶チョコなど味に変化を出しやすいのもいいですね。今回はシンプルな生チョコを紹介します。

    ☆材料(10人分)

  • 板チョコ 2枚
  • 生クリーム 120cc
  • はちみつ おおさじ1
  • ココアパウダー お好みで
  • ☆作り方

    スポンサードリンク
    1. 板チョコを包丁などで細かく刻みます。
    2. 生クリームとはちみつをお鍋に入れて弱火で温めます。熱くなり過ぎないように、生クリームの表面に泡が出てき始めたら火を止めます。
    3. 生クリームの中に先ほど刻んだチョコレートを入れて溶かします。
    4. クッキングシートを引いた容器に3を流しいれて、表面を平らにして2時間ほど冷蔵庫で寝かせる。
    5. 冷蔵庫から取り出して包丁でお好みの大きさに切る。このとき、包丁はお湯で軽く温めておき、水気をふき取ってから切るようにすると、スムーズに切れる。
    6. ココアパウダーをお好みの量振りかけて出来上がり。

    少ない材料で簡単に作ることが出来ます。風味が豊かでクラスの友達の受けも抜群です!

    3.スノーボール
    スノーボール

    サクサクとした食感が楽しいスノーボール。冬のバレンタインデーにもピッタリの季節感あふれるお菓子です。一つ一つが小さいので、一度にたくさん作るのにも向いていますね。レシピではバターを使ったものと使わないものがありますが、バターを使った方が美味しいので、ぜひバターを使いましょう。

    ☆材料

  • 薄力粉 130グラム
  • バター 80グラム
  • 砂糖 35グラム
  • 粉砂糖適量
  • ☆作り方

    1. バターを冷蔵庫から取り出し、室温の温度まで戻しておきます。
    2. 柔らかくなったバターに砂糖を入れてトロトロになるまで混ぜる。
    3. 薄力粉を入れて混ぜ合わせて、一つのカタマリにする。
    4. 冷蔵庫で10分ほど寝かせる
    5. 一口大の大きさに切り分けて、クッキングシートをひいた容器に置く。加熱すると膨張して大きくなるので、ほんの少し小さめにしておく。
    6. 180度のオーブンで15分程度焼く。
    7. オーブンから取り出して粗熱を取ったら取り出して、粉砂糖を振りかけて出来上がり。

    バターにこだわるとより美味しいスノーボールが出来ます。有塩バターよりも無塩バターの方がより後味が美味しいです。粉砂糖の他にココアパウダーや抹茶パウダーを使うと色々なバリエーションで作ることが出来ます。ぜひいろいろ試してみてください。

    友チョコを市販のお菓子にする時の簡単デコ

    友チョコを市販のもので代用するときもちょっと一工夫するだけでオリジナル感を出すことが出来ます。

    一番手軽にできるのはクッキーなどに溶かしたチョコレートをかけて、チョコペンでデコレーションをすること。『パイの実』や『カントリーマアム』などのよく見かけるお菓子にも板チョコを溶かしてお菓子にかけて、顔や模様をかけばオリジナルのお菓子が出来ます。
    今まで私が受け取って一番面白かったのは、『鳩サブレ』のデコレーションです。元の形が面白いので、アレンジ次第でとてもユニークなものが出来ます。

    ちょっと受け狙いでカロリーメイトやSOYJOYなどのカロリー食品にチョコレートをかけてデコレーションするのも面白いです。男子に友チョコを上げる時は、こうした受け狙いの友チョコでも笑って受け取ってくれるでしょう。

    ほんのひと手間で面白い友チョコが出来ますよ!

    まとめ

    今回は友チョコをクラスの友達や部活の仲間に配る時のおススメのお菓子についてお伝えしてきました。

    たくさん作るのは大変ですが、せっかくのバレンタインデーなので、皆でお菓子をプレゼントしあって楽しみたいですね!

    スポンサードリンク
    Pocket