Pocket

悪酔い防止食べ物会社では歓迎会や忘年会といった社内の飲み会から取引先相手との接待まで、いろんな場面で飲み会を行うことがありますね。
お酒を飲むことが得意であれば、そんなに苦労はしないのかもしれませんが、お酒を飲むことが苦手だと、悪酔いしないために色々気苦労があると思います。

今回はそんな会社の飲み会で悪酔いをしないために、食べておきたい食べ物に注目してみました!

スポンサードリンク
  

会社の飲み会で酔いたくない!

会社の飲み会は夜遅くまでやることも多く、一度悪酔いしてしまうと、周りに迷惑をかけてしまうこともあるし、自分自身も結構しんどい思いをすることになります。

基本的には自分に合ったペースで自分自身が受け付けられる量のお酒を飲むようにすれば悪酔いすることはありません。
でも、周りの雰囲気などでどうしてもちょっとペースをあげて飲んでしまうこともあります。最近では飲酒の事故の影響もあり、無理にお酒を進めることはなくなってきましたが、ついつい飲みすぎてしまった、なんてことはよくある話です。

ついつい飲みすぎてしまって悪酔いをするということを防ぐために、ウコンが入ったドリンクなどを飲んで対策出来ることもあるんですが、こういったドリンクでばっちりという人ばかりではありません。そこで、市販で売られているようなこうしたドリンクに頼らずに、悪酔い対策が出来るものをお伝えします。

悪酔いを防止するための食べ物は?

悪酔い対策が出来るものは意外と多くあります。

私が一番オススメするのはチーズです。スライスチーズのような薄いチーズではなく、1ピース、2ピースと数えるようなちょっとした大きさのチーズです。私は飲み会前にこのチーズを2ピース食べてから飲み会に行くのが定番です。
ちなみに、同じ乳製品で効果があるといわれるものに「牛乳」があります。ただ、私個人としてはそれほど牛乳が悪酔い防止に役に立つとは思いませんでした。牛乳を飲むよりもチーズを食べるようにした方が悪酔いは防げると思います。

スポンサードリンク

あとは、温かいおにぎりもいいですね。コンビニで売っているようなおにぎりをほんの少し温めて、食べてから行くと酔いが回って気にくくなります。

お腹が膨れちゃいますが、スナック菓子のポテトチップスなんかも私はよく食べます。居酒屋のメニューにもありますが、飲み会の時だと先にフライドポテトを食べてから飲むってことはなかなかできないと思うので、小さめのものを買って、食べてから行きます。

変わった所では、干し柿やトマトジュースなんかも悪酔い防止に役に立ってくれます。一度試してみてはいかがでしょうか?

飲み会後の酔い覚ましのための食べ物は?

飲み会が終わった後に酔い覚ましとして食べる食べ物はどんなものがいいでしょうか?

定番ではありますが、しじみの味噌汁は酔いざましに役に立ちます。しじみの味噌汁は飲む前に食べても効果があるので、どちらかでは食べておきたいですね。

グレープフルーツもいいですね。グレープフルーツの中にはアルコールの分解を助けてくれる成分も入っているので、酔い覚ましにはぴったりです。果物のグレープフルーツは飲み会の後に用意しにくいと思うので、グレープフルーツジュースなどで補うようにしましょう。

また、飲食店などでは温かい番茶やほうじ茶を用意してあるお店もありますが、こうした温かいお茶は体を落ち着けてくれ、酔いもさましてくれるのでおススメです。コンビニなどにもペットボトルタイプで売られているので、手軽に飲めますよ。

酔い覚ましには主にこうした食べ物や飲み物がいいです。翌日ちょっと心配だなと思ったら、ぜひ食べてみてください。

まとめ

今回は飲み会で酔いたくない人へ悪酔いを防止する事前に食べておきたい食べ物や飲み会後の酔い覚ましのための食べ物を紹介しました。
酔い過ぎないためにはお酒の量をコントロールするのが一番ですが、こうした食べ物を事前に食べておいたりするだけでも、飲んだ後の感覚がかなり違ってきます。

悪酔いすることなく、楽しい飲み会になりますように!

スポンサードリンク
Pocket