Pocket

退職後年賀状会社を退職した後も完全に無関係でいることはなかなか難しいです。特にこれまで年賀状をやり取りしていた場合は、会社の退職後も年賀状を出し続けるべきかどうか結構迷いますよね。

そこで今回は、退職後も元の会社の人たちに年賀状を送るべきかどうか、また、送るとしたらどんなポイントがあるかもお伝えしていきます!

スポンサードリンク
  

退職後も元いた職場に年賀状を送るべき?

退職した後、元の職場に年賀状を送る必要はあるのでしょうか?

実は私自身、退職した後の年賀状を送るべきかどうかものすごく迷ったことがあります。特に直近の上司には一応お世話になったものの、退職後特に接点があるわけでもなかったので、判断に迷ったんですよね。結局、わざわざ送らなくてもいいかと思って年賀状は送りませんでした。

でも、人生の先輩方もよく言っていますが、やっぱり人って思わぬ所で繋がるんですよね。別の会社に転職した後、転職先の人間としてその会社と仕事をする機会があり、なんとその元上司が出てきました(笑)そんな都合よく繋がることもないと思っていましたが、よく考えれば前の会社も次の会社も自分の興味のある範囲で決めていくので、どこかで重なることは十分あり得ますよね。

年賀状を送らないからと言って、実害があったわけではないのですが、やっぱり顔を合わせたときはなんとなく私の方が気まずい思いをしました。(まあ、元いた会社に私を送り出す会社もひどいですが。)元いた職場に年賀状を送るべきかどうかでいえば、お世話になった人には送るべきだし、もう接点がないと思えば、送らなくていいというのが一般的な模範解答だと思うのですが、私はこの気まずい思いをしてからは、環境が変わっても、よほど嫌いな人でなければ年賀状は送るようにしています。

年賀状を一通送っておくだけで、元いた職場にいる人に「あれってどうなの?」みたいなことも格段に聞きやすくなるので、そういった意味でもたかが年賀状、されど年賀状だと思います。

年賀状のマナーとして退職後に気を付けることは?

退職した後年賀状を書くときに気を付けておきたいマナーとしては、『会社あてには送らない』ってことですね。年賀状を送る時はお世話になった個人あてに書くのが基本です。

スポンサードリンク

年賀状を会社宛に送られても、会社側からすればどう処理していいものか迷いますし、「今はこんな職場で頑張っています!」という言葉一つとっても、会社にいる上司として読む場合と一人の人間として読む場合では、受け止め方も違ってきますよね。会社にいる人間として新しい職場の話をされるのは「皮肉かよ!」って思われるかもしれません。

逆にマナー的にはNGかもしれませんが、お世話になったと思う人は選んで送っていいと思います。元いた職場の人全員に送る必要はありません。一度年賀状を送ると来年以降もやり取りが続く可能性が高いので、やり取りが今後やり取りするが面倒だなと想ったり嫌だなと思う相手には送らない方がいいです。

退職した後書く年賀状の文例を紹介

退職した後、前の会社の人に年賀状を送る時の文例を紹介します。会社にいたときは固い言葉遣いをしていたかもしれませんが、一度退職してしまえば、普段の接点はないので、気楽に書いてしまって大丈夫です。いくつか例を紹介します。

<元上司に書く場合>
謹賀新年
旧年中はお世話になりました。
○○さんに教えてもらったことを活かしながら、
新しい職場でも業務にあたっています。
今後とも、人生の先輩としてご指導を頂ければ幸いで御座います。
本年も宜しくお願い致します。
<元先輩に書く場合>
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとご指導頂き、ありがとうございました。
新しい職場で業務をしていると
ふと先輩がいないことに寂しさを覚えることもあります。
ですが、私が先輩を頼りにしていたように、
私も頼られる存在になれるよう、日々頑張っています!
また、機会があればお話させてください!
<元同僚やその他の人に書く場合>
新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
環境が変わっても相変わらずの私ですが、どうにかこうにか頑張っています。
お互いに健康を大事にして、無理せずやっていきましょう!
またふとした時にお会いできるのを楽しみにしております。

文例では職場のことを持ち出していますが、全く関係なく「お元気ですか?体に気を付けて」くらいの定型文でも全く問題ないですし、親しい人に送るように、共通の趣味の話などを書いても全く問題ないです。会社の時のように義務感で書くよりも気楽に書いてください!

まとめ

今回は退職した後、元の職場に年賀状を送ることについてお伝えしてきました。絶対に書かなければいけないものではありませんが、やっぱり人の縁ってそれなりに大事なものなので、肩の力を抜いて、年賀状を送ってみることをおススメします!

スポンサードリンク
Pocket