Pocket

図書館バイトお店などと違って、静かな図書館はバイトをするにはとても楽そうに見えます。でも、実際の所どんな感じなのかはなかなかイメージしにくいですよね。

今回は私が大学生時代に某大学の図書館バイトの三年間の経験から図書館バイトが楽なのか、それともきついのか、余すことなく伝えちゃいます!図書館バイトがどんな感じか気になる方、これから図書館バイトに応募しようかと思っている方必見です!

スポンサードリンク
  

図書館のバイトでの業務内容はどんな感じ?

利用する側から見ると図書館の貸し出しや返却の受付をメインでやるというイメージがあるかもしれないですが、私がバイトをやった時は、受付業務はそれほどやる機会はないです。

私がバイトの時にやった図書館業務はこんな感じです。

  • 貸出・返却の受付
  • 利用者からの図書請求処理
  • 新着雑誌の配架
  • 新着本の配架
  • 書棚清掃
  • 本の清掃
  • 本の移動
  • 図書館説明イベントの補助スタッフ
  • 不明本探し
  • 本の棚卸し
  • ざっとこんな感じです。貸出・返却を処理する受付業務は週に1回、それも午前か午後かくらいのものであとは書棚の清掃や本の清掃が多かったです。それぞれの業務がどんなことをやるのかは別記事にまとめましたので、良ければご覧ください。
    >>図書館の業務内容は具体的になにをやるのさ?

    図書館のバイトって楽なの?

    図書館のバイトが楽かどうかというと私は正直楽な方だと思います。

    なんといっても接客が少なく、また、図書館に来る人はクレームを言う人が他の仕事に比べるとかなり少ないため、接客が苦手な人でも続けやすいです。これはかなり大きいですよね。

    また、受付業務以外の書棚清掃や本の清掃は基本的にはずっと同じ作業の繰り返しです。あまり図書館のイメージじゃないかもしれませんが、肉体労働です。私が一日バイトに入っていたときは、バイトをするだけでスマホの万歩計が8,000歩以上計測するのもしょっちゅうでしたし、本も文庫本のような軽い本ばかりではなく、美術本のような重い本も持ち上げて綺麗にしなければいけないので、結構体がぐったりします。

    とはいえ、書棚の清掃や本の清掃はスピード重視よりも丁寧にやることが求められるので、焦って仕事することもありません。全体的にはのんびりとしています。なので、体育会系のノリが合わない人も続けやすいですね。

    本が好きな人がやるイメージですが、本が好きだから楽になったりすることはあんまりないです。もちろん、本が好きな方が「へ~、こんな本もあるんだ!」という発見があったりして、楽しいんですけどね。

    スポンサードリンク

    図書館のバイトがきついと感じる人はどんな人?

    図書館のバイトがきついと思う人や合わない人はどんな人でしょうか?私が図書館のバイトをしている中で長続きしなかった人の特徴を5つあげます。

    1. 物事を大雑把にやる人
    2. 図書館はスピード感はそれほど求められない代わり、丁寧にやる必要があります。図書館の書棚を見てもらえばわかると思いますが、全て並び順が決まっています。本を決まってない適当な位置に置いてしまうとその1冊を見つけるのにものすごく苦労をします。また、本の清掃や棚の清掃一つとっても、しっかり綺麗にしないと古い本からカビが生えてくることがあります。カビが生えたら利用者の方には貸し出せません。本があまりにも多いので適当になりがちですが、丁寧にやらないといけないです。

    3. 年配の女性とうまくやれない人
    4. 図書館で働く人は結構年配の職員さんやパートさんも多いです。なので、一緒に働くうえで、年配の女性陣とうまくやれないと結構しんどい思いをします。いじわるな感じの人はそんなにいないのですが、やっぱりちゃんと挨拶をする、業務を丁寧にやる、不要な私語はしないようにするなど、基本的なことをやらないと評判が悪くなります。

    5. ぼそぼそしゃべる人
    6. 図書館を利用する人は、年齢を重ねた人が利用することが多いです。いくらそれほど接客スキルがいらないといっても、ぼそぼそ喋ると相手の人がイライラしたり、そもそも聞こえづらいということもあります。せかせかと喋る必要はないですが、はっきりゆっくり喋る必要はあります。

    7. 肉体労働が嫌な人
    8. 図書館のよくあるイメージであまり肉体労働がないと思ってバイトに応募すると、見事に裏切られることがあります。受付業務なら別ですが、それ以外は基本的に常に動くと思ってください。一つ一つの作業そのものはそれほどきつくないですが、ずっと動くということが嫌だときついと思います。

    9. ほこりなどに過敏に反応してしまう人
    10. これは本人にはどうしようもないのですが、やっぱり新しい本ばかりではなく、古い本もあるので結構ほこりやゴミがあります。また、本だけでなく、書棚もほこりがたまりやすいです。当然マスクなどはつけて作業するものの、こうしたほこりに体が反応してしまう人は結構きついと思います。

    まとめ

    今回は図書館のバイトの実態についてお伝えしてきました。「基本座ってるだけなんじゃないの~?」と思われがちですが、意外とちょこまかと動くことも多いです。でも、他のバイトよりもしっかりした人が多いですし、人間関係のストレスは比較的少ないので、とてもオススメです。私は三年間やりましたが、最終的には職員の方々とも仲良くなったりして、すごく楽しかったです!

    是非、参考にしてみてくださいね!

    スポンサードリンク
    Pocket