Pocket

静岡東京間の交通手段と値段静岡東京間は長いような短いような微妙な距離です。
新幹線を普通に使うと往復で一万を超えてしまいます。ちょっと高い感じがしますよね。

ただ、静岡東京間は普通に新幹線を利用する以外にもいくつかの移動手段があります。
それぞれの移動手段の特徴と値段を整理してまとめました。

スポンサードリンク
  

静岡東京間を安く行くには?

シーズンにより変わりますが、2017年4月現在、通常期であれば静岡東京間の新幹線利用(自由席)で片道5,830円です。(指定席にすると6,550円に)
往復だと11,660円なので、もうちょっと押さえたいところ。

片道5,830円を最高値として、高い順に移動手段と値段と特徴を紹介します。なお、すべて静岡駅から東京駅まで行くことを基準に考えていますが、東京-静岡も基本的には同額で行けます。
また、ハイシーズン料金ではなく、通常時の料金で割引を使わない料金を記載しています。

1.新幹線回数券 片道5,390円

移動時間:ひかり 約1時間2分 こだま 約1時間27分 

新幹線回数券は6枚つづりで静岡東京間が32,340円です。一枚当たり5,390円。普通に行くより440円安いですね。

金券ショップなどで買う時はもう少し高くなりますが、それでも利用できるときは少しお得に行けますね。

2.ぷらっとこだま  片道4,700円

移動時間:約1時間27分

事前にチケットを買う必要がありますが、普通にこだまに乗るよりも大分安く乗ることができます。自由席との差額は1,130円。指定席との差額は1,850円。
こだま指定席券+駅のキオスクなどで引き換えられるワンドリンクチケット付き。インターネット、電話、JR東海ツアーズの支店、JTBのほとんどの店舗で予約が可能です。

往復で1万円以下になりながら、新幹線の指定席で移動できるというのはかなりお得感があります。

注意点としては購入した時に指定した新幹線に乗れないとチケットが無駄になってしまいます。他の新幹線への振り替えは出来ないので注意です。

ぷらっとこだま公式サイト

3.高速道路 片道4,220円

移動時間:約2時間20分

車を持っている方限定にはなりますが、高速道路を利用していくこともできます。
乗るインターチェンジ、降りるインターチェンジによって料金は変わってきますが、静岡~東京の乗り降りで4,220円です。

4.JRローカル線乗り継ぎ 片道3,350円

移動時間:約3時間

静岡からJR東海のローカル線を乗り継いで移動する方法。
乗り継ぐと言っても何回も乗り換えなければいけないわけではなく、静岡から熱海まで出て、熱海から乗り換えて東京に出ることになります。
移動時間はさすがに約3時間と長々と乗ることになりますが、事前にチケットや特急券などを用意しなくても手軽に行けるのはいいですね。

ちなみに、静岡から熱海(TOICAエリア)と熱海から東京(SUICAエリア)はICカードの管轄エリアが違うので、静岡で改札タッチをしてそのまま東京までは行けません。
なので、静岡駅で切符を買う必要があります。

スポンサードリンク

5.高速バス 片道2,930円

移動時間:約3時間

安く移動すると聞いて思い浮かぶのが高速バスでしょう。
高速バスは普通に利用する場合、片道2,930円です。往復だと割引があり、4,600円になります。また、他にも7日前の購入や学割で安くなったりします。

高速バスのいい所は東京だけでなく新宿や渋谷などにも直接運んでくれること。
静岡東京間と静岡新宿(バスタ新宿)は同額なので、東京についてからの目的に合わせて利用するバスを変えましょう。

JR東海バス 公式サイト

6.JRローカル線乗り継ぎ(小田原小田急線乗り換え) 片道2,740円(2,540円)

移動時間 約3時間30分

JRローカル線で熱海まで行くのはすでに紹介しましたが、そこから東京まで出るのではなく、小田原で下車して、小田急線で新宿まで行く方法。
厳密には東京駅までではなく、新宿駅なので東京に出るにはさらにJR中央線などに乗る必要(200円)がありますが、それでもJRローカルでそのまま行くよりも安いです。

一方で、ただでさえ3時間30分の乗車時間に加え、乗り継ぎのタイミングが合わなかったりするとさらに時間がかかってしまうことには注意です。

7.青春18きっぷ 1日2,370円

移動時間:約3時間

JRローカル線のみの利用になりますが、一日どれだけ乗っても2,370円というのはかなり魅力的です。
普通にローカル線で乗るよりも千円以上安いですね。

さらに日帰りで静岡東京間を行き来できるのであれば、往復しても2,370円という格安で移動できます。間違いなく最安でしょう。

ただし、青春18きっぷはかなり縛りがあるきっぷでもあります。まず購入は5枚つづりになっています。
(金券ショップで販売があれば1枚単位で購入できます。)
また、発売期間と利用期間が決められています。今年度の発売期間と利用期間はこんな感じ。

(春季用)
発売期間:2月20日(月)~3月31日(金)
利用期間:3月1日(水)~4月10日(月)

(夏季用)
発売期間:7月1日(土)~8月31日(木)
利用期間:7月20日(木)~9月10日(日)

(冬季用)
発売期間:12月1日(金)~12月31日(日)
利用期間:12月10日(日)~1月10日(水)

一年中使えるわけではないことに注意です。

青春18きっぷについて(公式)

静岡東京間をあなたはどの移動手段で行く?

静岡から東京に行く移動手段と値段をご紹介しました。
最安である青春18きっぷを使えば、日帰りであれば新幹線の約1/4程度の金額で行けるのは驚きですね。ただ、やはり新幹線を使えば移動時間はかなり短いです。

個人的にはぷらっとこだまでゆったり移動して、往復で1万を切る感じにするのが一番好きな移動手段です。やっぱり3時間移動するのは結構疲れちゃうので。

あるいは新宿や渋谷に直接行きたいときの高速バスは意外に便利です。
東京駅から新宿まで電車で約15分なので、意外と高速バスも利用しやすいですね。渋谷で降りれば料金が少し安くなるのもポイント。

色んな移動手段があるので、1つにこだわらず、あなたの状況に合わせて、利用しやすい移動手段を利用してみてくださいね。

良い旅になりますように。

スポンサードリンク
Pocket