Pocket

浪人中のバイトのやり方浪人した時にアルバイトを始めようと考えている方もいるでしょう。
浪人した時の目標は大学合格なので、バイトはあくまでメインではないものの、どうしてもやりたい人は大学合格に影響が出ないようにアルバイトをしたいですよね。

浪人した時のアルバイトはどうすればいいでしょうか?

スポンサードリンク
  

浪人生のバイトのおすすめのやり方

浪人した時には基本的にはアルバイトをやるべきではありません。
私が浪人した時も浪人してからアルバイトをはじめた友人がいますが、4人中3人が二浪して、1人が志望校を落として大学合格しました。それくらい浪人中のアルバイトというのは難しいのです。

それでもアルバイトをしたいときは、大学合格という目標に影響しないように慎重にアルバイトを選んでいきたいですね。

アルバイトを選ぶときに気にしてほしいポイントは次のようなことです。

  • 週2回程度の出勤でOK
  • シフトの融通がききやすい、且つ急なシフトを入れられない
  • 対人ストレスがたまりにくい職場
  • これらの3つのポイントは抑えておいた方がいいでしょう。
    とにかくアルバイトに時間を取られてしまわないことが大切です。

    浪人中のアルバイトは週2回程度にするのが現実的でしょう。それ以上のアルバイトは浪人生活の負担になります。
    また、同じ10時間働くとしても、週に何回も出勤して働くより、出来るだけ出勤する日を絞って出勤したほうが、勉強とアルバイトのメリハリがつきやすくなります。

    シフトの融通がききやすいこともポイントです。
    自分の勉強の状況に合わせて、シフトを調整できる職場の方が安心です。問答無用でシフトを入れられてしまうと勉強が思うように進んでいなくてもバイトをすることになり、精神的な焦りにつながり勉強に集中できなくなります。

    また、ストレスがたまりにくいかも大事です。
    ある程度負担になってしまうことはしょうがないですが、特に対人ストレスがあるバイトは、仕事が終わった後も引きずってしまいやすく、勉強モードへ切り替えにくくなります。

    時給で選ぶだけでなく、これらのポイントは最低限でも抑えておきたいです。

    浪人生のバイトのおすすめはこれ

    浪人生にオススメできるバイトは数少ないですが、その中でもオススメなのは漫画喫茶です。
    特に暇な漫画喫茶はとてもオススメ。

    なぜ漫画喫茶がオススメかというと、上記の3つのポイントを抑えていることに加え、暇なときは自分の好きなことができることが多いからです。
    その暇な時間があればもちろん勉強できますよね。
    がっつり勉強するのは難しいですが、単語帳を持ち込んで一つでも多く単語を覚えたりするような時間が生まれるかもしれません。

    漫画喫茶、探してみてはいかがでしょうか?

    スポンサードリンク

    浪人してバイトをする時の時間の使い方

    浪人してバイトをする人が大体考えるのが、「アルバイトで週二回7時間ずつ働いたとしても、それ以外の時間に集中するし、朝早く起きて勉強するから挽回できるぞ!」のような何の根拠もない謎の自信です。
    はっきり言ってそれができるのなら浪人しなかったのではないですか?

    アルバイトで働くということは『働いている時間+移動時間+疲れて何もできな時間』が奪われていきます。
    想像以上にアルバイトで時間を取られます。そしてエネルギーも取られます。

    そこで私のオススメする時間の使い方は、アルバイトをした日は軽めの勉強にしておくということです。
    例えば、アルバイトが終わった後でも勉強に取り組みやすいように、単語や文法などを暗記する時間にしたり、得意科目の勉強を中心に取り組んで、勉強の負担を軽くします。
    一方、アルバイトがない日は大学の過去問を解いたり、苦手な科目に集中して取り組む日にします。
    アルバイトがある日もない日もがっつり勉強するというのは無理です。
    一日に使えるエネルギーの量は決まってます。アルバイトで疲れている日に苦手な科目に取り組んでも、ほとんど集中できないまま一日が終わるでしょう。
    最初からアルバイトのある日の時間の使い方を決めておけば、効率の低下を最小限に抑えられます。

    浪人中のバイトはいつまで?

    浪人してから大学に入学するまで、最大でも一年くらいのバイト期間ですが、それよりもっと早く、さすがに受験の追い込みの時期にはバイトは辞めておきたいと考えるのではないでしょうか?

    私の浪人時代の友人から判断すると、10月ごろまでにはアルバイトは辞めておきたいです。

    10月以降のバイトは時間以上にメンタルが追い込まれます。
    「追い込み時なのに、バイトなんかやってていいのか?」という思いが働いてくるわけです。もちろん偏差値が右肩上がりであれば、そんな焦りはないのでしょうが、なかなかそうはいきません。

    10月になって受験が近づいているのに、偏差値が上がらず大学受験に不安なのにアルバイトに行かなければならない。
    そうすると普段の勉強の時も悶々としてしまって勉強に集中できません。私の友人はこうして浪人失敗の道へと進んでしまいました。

    10月以降はアルバイトに関係なく、浪人生が不安になりやすい時期なのです。
    だからこそ、10月にはアルバイトを辞めておいてほしいというのが私の考えです。

    もちろんそれより前に辞められるのであれば、それに越したことはありません。
    あまりダラダラとアルバイトをすることなく、時期が来たらスパッと辞めて勉強に集中したいですね。

    スポンサードリンク
    Pocket