Pocket

初めての合コンどうする初めてのことは何かと緊張するものですが、中でも初めて合コンをやる時の緊張感や不安感は、私も今でも思い出すことができます。
盛り上がらなかったらどうしようとか空気悪くしたらどうしようとか何かと不安ですよね。

合コンに初めて行く人へ基本的な合コンの流れや雰囲気、会話や終わった後の連絡(Line)についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク
  

合コンが初めてで不安しかない…。

合コンのイメージはどんな感じでしょうか?
私が初めての合コンに行く時のイメージは男女ともやたらキャピキャピした感じで自己紹介の時も男性は笑いを取らなきゃいけないし、女性は甘ったるい声で可愛さアピールしなければいけなくて、合コンの中盤では王様ゲームみたいなやつで「イエェェェーーーイ!」みたいな感じにならなければいけないと思ってました。

私はこんなチャラい感じの雰囲気はあまり好きではないので、初めて合コンに行く時はメチャクチャ嫌でした(笑)
あなたも合コンにこんなイメージを抱いているとしたら、それは嫌になったり不安になったりして当然です。

集まってくるメンバーによっては上記のようなイメージ通りの合コンになることもありますが、実際の合コンは単なる飲み会みたいな風になることも多いです。
飲み会と違うのは男性側が多少ギラついていることでしょうか(笑)
ただ、別に男性はギラついてなくても参加できますし、女性は男性を華麗にスル―すればいいだけです。

なので合コンは普通の飲み会に毛が生えたくらいのものと思っていれば大丈夫です。

合コンは初めてだけど、どんな会話をすれば?

実際に合コンに行ったときはどんな会話になるのでしょうか?
もちろんマニュアル化されているわけではないのですが、よくある感じの会話の流れを書いていきます。

最初は自己紹介をします。
無理に盛り上げる必要はないですが、その場の雰囲気を壊すようなことは言わない方がいいですね。
例えば「こういう合コンは苦手です」とか「陰キャなのであまりしゃべれません」などわざわざ言わなくてもいいことは言わないでおけば、普通の自己紹介で大丈夫です。
初めてであれば「合コンデビュー戦なので、優しくしてください!」みたいな初心者ネタも使えます。(何回も合コンしている人も使っていることがありますが笑)

その後は普通の世間話になっていきます。
「仕事何してるの?」とか「どこの大学通ってるの?」とか「休みの日は何してるの?」などなど、よく会話するような内容です。

当たり障りのない会話を続けていきながら、少し男女を意識するような話題も出てきます。
「好きな芸能人は?」とか「今日の相手の印象を動物で例えると?」とか「好きなタイプは?」など、少し踏み込んだ話題も出てきますね。

合コンが進んでいくと、喋り上手の人が長々と喋る時間も出てきます。
こうなってくると、少人数の時はその人の喋りを聞きながら相槌を打つ感じになったりしますし、人数が多いといくつかグループに分かれることもあります。
うまい幹事さんがいると全員が参加できるように適度に話題を振ったりしますが、そうでないとなかなか喋れずに終わってしまうことも多いです。
でも、合コンでなかなか喋れないのも「あるある」なので、そんなに気にしなくて大丈夫。
私もこれまで何回か合コンに参加していますが、自分で、面白い話をポンポンできるわけではないので、後半の方は話を聞きながらお酒を飲んでいるだけ、みたいなこともよくあります。
気が合う人がそろっていればちゃんと自分も参加できるので、自分がしゃべれない時は今回のメンツは気が合う人がいなかったと割り切ってしまいます。

その後はメンツによってはゲームをやることもありますが、ゲームをやらない場合はこんな感じで喋って終わりです。
二軒目がある時もありますが、店を変えても同じようにしゃべるか、カラオケなどで歌うだけです。

話題を振るストックがあると楽

幹事さんが全体的に話題を出してくれると楽ですが、なかなかそうもいきません。
そんな時はどうするべきでしょうか?

合コンをやっていて自分から面白い話ができるストックもあるに越したことはないのですが、それ以上に振る話題のストックがあると場が持ちやすいです。
最近話題の面白ニュースや季節の話題、相手が身に着けているアクセサリーなど振る話題のストックを用意しておくと、場がシーンとなるのを防ぎやすくなります。

季節の話題であればバレンタインデーやホワイトデー、エイプリルフールやハロウィン、クリスマスなど合コンに結び付けやすく、地雷を踏むこともないのでオススメです。

スポンサードリンク

合コン後のLineはどうする?

合コンには連絡先交換がほとんどの場合あります。
最近はLineを使うことが多いです。
その場でLineIDを交換したり、フルフルで登録したりするほか、男女側でLineを把握しているのであればグループを作って招待するということもあります。
何にせよ、参加した相手のLineを知ることになるとともに、自分のLineも教える流れになります。

この合コン後のLineですが、めんどくさければ「今日はありがとうございました。また機会があれば!」のような社交辞令Lineを送り、後はやり取りしなくても大丈夫です。
グループLineがあるのであれば、こうしたお礼を一回投稿して終わりで十分です。

相手からお礼以上に何かとやり取りが続くようなLineが来るのであれば、なんとなく返しながら徐々に返信速度を遅くしてフェードアウトするか、最初からスルーしてしまうのも手です。
合コンは一期一会なことも多いので、スルーしても相手も「脈なしか」で終わることが多いです。

合コン後のLine(連絡先)は交換することはほぼ避けられませんが、その後のやり取りは頑張らなくても大丈夫なので、気楽に構えておきましょう。

もちろん、多少なりとも気になるのであれば、やり取りしたりこちらから仕掛けても構いません。
頑張ってください(笑)

まとめ

初めての合コンには不安な所もあると思いますが、行ってみると案外普通だった、ということが多いです。
合コンに参加するメンバーによっても雰囲気が変わってくるので、最初に参加するときはメンバーによっては参加を見送るのもアリでしょう。

初めての合コン、楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク
Pocket