Pocket

オートキャンプとはどんなところキャンプって意外と聞きなれない言葉がたくさん出てきますよね。
初めてキャンプに行く時にキャンプ場を調べたり、キャンプ用品店に行って出てくる言葉で「?」となるのが『オートキャンプ』という言葉。
オート?自動なの?立ってるだけでバーベキューとかやってくれるの?
何それ至れり尽くせりじゃん!・・・と思ったのはかつての私です(笑)

今回はオートキャンプという言葉の意味や魅力点、普通のキャンプとの過ごし方や来る人の違いなどについてお伝えします。

スポンサードリンク
  

オートキャンプとはなんぞ?

オートキャンプとはオートモビル(自動車)とキャンプという単語が組み合わさった言葉です。
キャンプをする場所まで自動車で乗り入れることができるキャンプ場をオートキャンプと言います。
キャンプ場まで車で行けばオートキャンプといえるので、言ってしまえばほとんどのキャンプはオートキャンプと言えますね。

ただ、キャンプ場を調べている時に出てくる「オートキャンプ場」は、もっと具体的な設備や仕組みを指していることが多いです。
オートキャンプ場でよくある風景としては、

  • 一組ごとにキャンプをする場所(サイト)が仕切られている
  • キャンプをする場所の横に車を直接乗りつけられる
  • AC電源や下水口、炊事場、シャワー室など設備がある程度充実している
  • これらが一般的な『オートキャンプ場』のイメージです。

    車で直接決められた区画の近くに乗りつけられるので、自分で場所取りをする必要もありませんし、荷物も徒歩0分でキャンプ場まで運ぶことができます。

    ただ、オートキャンプ場としていてもフリーサイト(自分でキャンプする場所を選んだり、区画が決められていない)こともあります。
    自分が行くキャンプ場がどんなシステムなのかは個別に確認しましょう。

    オートキャンプの魅力的な点

    何と言ってもオートキャンプのいい所はキャンプを初めてやる人に優しい所。
    また、サクッとキャンプを味わいたいという人にも向いています。

    キャンプの荷物って意外と重かったりかさばるものもあったりして、持ち運びが面倒ですよね。
    片付けの時も雨が降って来たり風が強かったりすると、とても面倒です。車を直接自分のサイトの近くに停められるのはやっぱり楽です。

    また、設備が充実してるオートキャンプ場が多いのも嬉しいですね。
    炊事場やシャワー室があればキャンプ用品も持っていくものを減らすことができます。
    キャンプ道具を一からそろえるのが面倒だったり、金銭的にもったいないという人も設備が充実しているオートキャンプ場であれば、最低限のものを持っていくだけでキャンプができます。中にはテントやスリーピングバッグなどのアイテムまでレンタルできて、手ぶらでキャンプができるオートキャンプ場も。

    それほど本格的なキャンプじゃなくていいから、自然の中で過ごしたい!という人やアウトドア用品はないけど外で美味しいご飯を食べて、夜は星空を眺めながら寝たい!という人にはオートキャンプに行ってみるといいですね!

    スポンサードリンク

    オートキャンプとキャンプの違いあれこれ

    オートキャンプと普通のキャンプの違いはいくつかありますが、キャンプ好きな人がよく言うのは、オートキャンプが便利すぎてキャンプの醍醐味が薄れてしまうことです。
    キャンプは『不便さ』を味わうのも楽しさの一つ。
    寝る所でさえ快適な所を自分で探さなければいけないし、火をおこしたりご飯を手際よく作ったりと、自分で工夫しながらキャンプをしなければなりません。でもその不便さや自分で工夫している感じが新鮮で楽しいんです。
    オートキャンプだと、確かに便利なんですがなんとなく物足りない気分になってしまう人もいるでしょうね。

    オートキャンプは客層も普通のキャンプに比べて幅広いです。
    普通のキャンプでは節度を守って楽しむ人が多いですが、オートキャンプは時には騒いでいたりして雰囲気を壊してしまう人がいることもあります。
    フリーサイトのキャンプ場と違って人との距離も近くなりやすいので、車の音や夜のヘッドライトが気になるという人も。
    やはり手軽な分、時にはそうした人たちが来てしまうのです。逆に初めての人が多いからこそ助け合う場面もありますが。

    色々と用意されていてハードルが低いオートキャンプですが、その裏返しとして普通のキャンプとは違うこうした点があることはチェックしておきましょう。

    まとめ

    オートキャンプはキャンプに比べファミリー層やあまりキャンプになれていない人にはとてもオススメできます。
    やっぱり設備が充実していたり準備に手間がいらないというのはとても魅力的な点です。

    オートキャンプで外で過ごす楽しさを満喫したら、少しずつアウトドア用品やキャンプの知識を増やしていき、フリーサイトで楽しめるキャンプ場に出かけてみてはいかがでしょうか?

    スポンサードリンク
    Pocket