Pocket

スーツケースを電車内に持ち込む時旅行や出張の時にはスーツケースはなくてはならないです。よく街でもスーツケースをガラガラと引いて歩く姿を見かけますね。

しかし、スーツケースはその大きさから「どうしよう?」と困ってしまう場面も多いです。
その代表的な場面の一つが電車の中。邪魔になってしまうこともよくありますね。

電車内にスーツケースを持ち込むときにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク
  

電車内でスーツケースの置き場所は?

電車内のスーツケースの置き場所はそれほど多くありません。
網棚の上か、座れた場合自分の目の前に置くか、座れなかった場合自分の横に置くかです。

新幹線などでは網棚の上に置く光景もよくありますが、電車内では網棚の上に置きにくい事情もあります。
まず乗せるのが困難です。
じっと止まっている時間があまりないので、多少なりとも電車が揺れているなか乗せなければなりません。
駅に着いたときの停車時間に乗せられればいいのですが、人の出入りもあるため、周囲に気を使いながら乗せなければなりません。
そして乗せるのと同様、網棚から降ろすのも大変です。
もちろん網棚の上に置ければ電車内のスペースは空けることができるのですが、乗車率が高かったり、背が低かったり、あまり力がない人は正直難しい面もあります。

そうした場合、電車内での置き場所としては自分の体に密着させるようにして、出来るだけ周囲の邪魔にならないようにするしかありません。
座ることができれば、自分の目の前で動かないようにしっかり持っておくことになります。出来れば座る位置も端っこにすると横の人にぶつかる心配が少なくなります。

座れない時は車内の中ほどか車内の入り口付近に立つことになります。
通常であれば、マナー的には車内の中ほどに行った方がいいですが、楽なのは車内の入り口付近です。

特に社内の入り口の手すり付近は体かスーツケースのどちらかを壁にもたれかけるようにすることができるので、電車の揺れにも対応しやすいです。
また、車内の中ほどよりもスペースがあるということもあります。

ただ、乗り降りがあるので、扉が開いたらいったん降りて道を空けるか、反対側の扉にうつるなど乗降の邪魔にならないようにする必要があります。

車内の中ほどでスーツケースを持つ場合は、基本的には混んでいれば自分の目の前にスーツケースを置き、混んでいなければ自分の体の横にスーツケースを置くようにするのがいいでしょう。

立っている時に自分の目の前にスーツケースを置くと、座っている人の体にぶつけてしまうことがあります。
スーツケースが当たるのは結構痛いので、避けたいところです。
しかし、体の横にスーツケースを置くと一人分のスペースをつぶしてしまうことにもなります。混んでいる時と混んでいない時で対応を変えるのはこうした理由からです。

ただし、状況に応じて混んでいても目の前にスーツケースを置いたら座っている人に当たってしまうことがわかりきってるなら、自分の体の横に置くしかありません。
状況に合わせて邪魔にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

スーツケースを持ち込むときの電車内のマナー

スーツケースを電車の中に持ちこむときは、常にスーツケースを手の届く範囲に置いておくということが基本です。
網棚の上に置く場合にも何かあった時に手を伸ばしてスーツケースに触れることのできる位置にいましょう。

また、通勤ラッシュなど車内が混雑している時には無理に乗らないようにしましょう。
時間帯をずらしたり、別の交通手段を使ったりすることも大事です。余りにも込み合った電車内にスーツケースを持ち込むのは迷惑になってしまいます。

また、最近スマホを触りながら電車に乗る人も増えています。しかしスマホを見ていると電車が揺れたときにスーツケースをコントロールしにくくなります。
スーツケースはしっかり持っていないと、電車の中では意外と動いてしまいます。スーツケースをもって電車に乗る時はスマホは我慢しましょう。

電車でスーツケースが邪魔にならないための工夫あれこれ

電車でスーツケースが邪魔にならないような工夫もいくつか紹介します。

電車の中でも最後部の車両は比較的すいています。
人が少ない方がやはり楽なので、時間に余裕があれば最後部の車両に乗るようにすると邪魔になりにくいです。
ただ、電車によっては先頭車両と最後部車両の両方が入り口に近いこともあるので、そうした場合は車両の真ん中の方がすいていることもあります。

また、先頭車両や連結車両の一番前には車椅子スペースがある車両があります。
車いすの方やベビーカーをお持ちの方が優先されますが、誰も乗ってこない場合はとても利用しやすいスペースになります。このスペースが利用できるのであれば、利用したほうが乗りやすいです。

もう1つ、普通の在来線だけでなく、特急などを利用する事も選択肢として考えておきましょう。プラスの料金はかかりますが、混雑して乗りにくいのであれば思い切って乗ってしまうのも手です。

最後に、そもそも電車内にスーツケースを持ち込まずあらかじめ宿泊先に送ってしまうという方法もあります。
特に都市圏に旅行に行ったりするときはどうしても電車の混雑率が高いので、あらかじめ送ってしまった方が周囲の邪魔にもなりませんし、スーツケースを持っていく側もストレスなく移動できます。
お金はかかりますが、とてもオススメの方法です。

まとめ

電車内でスーツケースを持っていく時は網棚に乗せられる時ばかりではないので、出来るだけ周囲の邪魔にならないように、体に近い位置で持っておくことが大事です。
また、出来るだけ空いている車両を探したり、時間帯をずらしたりしながらスペースを確保していく工夫も大切です。

何かと気を使う場面もありますが、マナーを守って快適に移動しましょう!

スポンサードリンク
Pocket