Pocket

フラれた男を慰める失恋した時はとても辛いです。自分自身が失恋するのは当然つらいですが、大切な友達が失恋した時も、その辛さが想像できるだけになんとか元気になってもらいたいです。

今回は、男の友達が失恋した時にどういった慰め方や励ます方法があるか、また、どのような言葉をかければいいのか、お伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク
 

失恋してしまった男の慰め方は

私自身も失恋した時、自分でも驚くほど、失恋した直後は傷つきやすくなりました。そして理性的ではなくなっています。

失恋した友達を慰める時は八つ当たりされたりするかもしれないことを受け入れてあげましょう。半ばヤケになっているので、妙に攻撃的になったり、悲観的になっているかもしれませんが、そこで説教したり、反発したりせずに、ただただ受け入れてあげてください。

慰める基本としては、まず話を聞いてあげることです。話を聞いてあげる時は、基本的にあなた単独で話を聞いてあげてください。二人以上でいると「慰めよう!」という会話の流れになって、いつの間にか話を聞くのではなくアドバイスする感じになりがちです。また、会話の流れも失恋した友達が主役じゃなくなることもあります。

必要なのはアドバイスではなく、話を聞くこと。これはとても大事です。

ひたすら愚痴を言うかもしれませんし、やけになって別れた彼女の悪口を言うかもしれません。でもずっと「うんうん」「そうだったか」と聞いてあげれば大丈夫です。愚痴に対して「もっとしっかりしろ!」と言ったり、元彼女の悪口に便乗してあなたまで悪口を言わないようにしましょうね。

私もフラれた直後、自分のためを思って言ってくれているとはわかっていても、「早く忘れて元気になれよ!」といった言葉は「なんでこの悲しみをわかってくれないんだ。」と思うばかりで、全く心に響いてきませんでした。

失恋した友達を励ます方法とは

失恋した友達を励ますには具体的にどういった方法があるでしょうか。

スポンサードリンク

その友達が好きなものが分かるのであれば、それに付き合ってあげるのが一番いいです。

例えばゲームが好きなら、ひたすらゲームを一緒にやる。
スポーツが好きなら一緒にやったり観戦したりする。
映画が好きなら面白そうな映画を紹介したり見たりする。

よくありがちなのが、フラれた友達の趣味ではなく、あなた自身が元気になることを思い浮かべて、無理に引っ張ることがあります。あなたがスポーツ観戦でストレス発散できるからといって、友達がスポーツに興味がないのであれば、スポーツ観戦に誘っても励ましにはならないということです。そういった「新しいこと」に目を向けるのは、もうちょっと友達が元気になってからです。

失恋した人への一番の薬は「時間」です。友達が辛いことを忘れて時間を過ごせるように、「やりたいこと」に寄り添えるように、協力してあげてください。

失恋中の友達にかける言葉

失恋中の友達にはどんな言葉をかければいいでしょうか。

私がフラれた時、一番うれしかった言葉は「いつでも何か話したいことがあれば、聞くよ」という言葉でした。

失恋した直後はとにかく孤独です。誰も味方がいないんじゃないかという気持ちになります。そんな時、いつでも頼ってくれていいよという風に言われるととても心強くなります。具体的に何かしてくれなくても、自分にもちゃんと味方がいるということ、失ったものばかりじゃないと気づくだけで、とても嬉しくなります。

そうして少しずつ前向きになってきたなと思ったら、「前よりも目つきが優しくなってきたんじゃない?」とか「最近なんだかエネルギーを感じる」など前向きになってきたことを改めて言葉にしてあげると、フラれた友達もなんだかその気になってきて、より元のように元気な姿に戻っていきます。

新しい恋愛をすることは、失恋した人を立ち直らせる力をもっていますが、だからといって「次があるよ」とか「もっといい恋が出来るよ」と安易に次の恋をあなたが誘導するのではなく、本人が自分の力でまた恋が出来るように、見守ってあげてくださいね。

まとめ

ここまで失恋した男の友達の慰め方についてお伝えしてきました。

失恋した相手の気持ちを想うばかり、色々として上げたくなるかもしれません。でも、その気持ちが伝われば、具体的に何をしなくても立ち直る力になります。友達だからこそ力になれることもあります。

是非、友達として支えてあげてください。

スポンサードリンク
Pocket