Pocket

ファイアーエムブレムヒーローズのレビュー2017年2月2日にファイアーエムブレムヒーローズがリリースされました。iOS、Android両方で同時リリースなので、プレイされた方も多いかもしれませんね。

私もファイアーエムブレムシリーズをいくつかプレイしています。一番最初にプレイしたゲームボーイアドバンスの『封印の剣』から最新作の『if』までプレイしているファンです。

リリース直後ではありますが、ファイアーエムブレム ヒーローズをある程度プレイしましたので、面白い部分と残念な部分の感想とレビューをお届けします。

スポンサードリンク
  

ファイアーエムブレム ヒーローズとは?

簡単にファイアーエムブレム ヒーローズがどんなゲームか紹介します。既にご存知の方は飛ばしてくださいね。

ファイアーエムブレム ヒーローズとは任天堂のファイアーエムブレムシリーズの歴代キャラクターが一挙に登場するゲームです。

ファイアーエムブレムシリーズはヒーローズのタイトル画面でもメロディーとして流れていますが、「ファイアーエムブレム♪手ごわいシミュレーション♪」という歌が有名で、シミュレーションRPGとしての難易度もなかなかのもの。
特に一度仲間が死んだら二度と生き返ることのないシステムや敵の攻撃範囲に打たれ弱い仲間をおいたら一気に襲い掛かってくるAI、攻撃の命中率や必殺率という不確実性があり、敵の攻撃をかわしてくれるラッキーもあれば、こちらの攻撃が外れて敵の必殺があたるという「ファイアーエムブレムあるある」もあり、「くるしいぃ、でも、やめられないぃ!」を地で行くゲームになっています(笑)

ただ、最近ではシリーズ初心者の方でもやりやすいように難易度調整ができたりと、素人から玄人まで幅広く遊べるような仕組みになっています。
1990年にファミコンで『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』が出てから、シリーズ最新作の3DSで発売された『ファイアーエムブレムif』まで長い間ファンに愛されながら進化を続けてきたシリーズです。

ファイアーエムブレム ヒーローズの面白いところ

さて、それではファイアーエムブレム ヒーローズの面白いところからレビューしていきます。

○歴代のキャラクターたちを使って遊べる!

ヒーローズの名の通り、これまでのシリーズに出てきたキャラクターたちを使って遊ぶことができるのはファンにはたまりません。
初代主人公のマルスから最新作の主人公カラムまで色んなキャラクターが使えるのは楽しいですよね。リリース直後なので、全てのキャラクターが解放されてはいませんが、これからどんどん色んなキャラクターが使えるようになるでしょう。

マルス、ロイ、アイク、クロムの「さわやか主人公‘s」チームを組むもよし。
チキ、ファ、ノノ、シャニーの「子供のピクニック」チームを組むもよし。
自分でコラボして面白いチームを作れますね。

○サクッと終わるステージ

ソシャゲだけあって、これまでのファイアーエムブレムのように1ステージが長くなく、1ステージ3分程度。
マップも広くなく、出撃数も味方4人、敵4人(一部ステージは5人)なので、すぐに戦闘になり、すぐに終わります。

○時間さえかければ課金不要?

普通、ソシャゲではキャラクターごとにランクがあります。☆2、☆3、☆4…と表現されていたり、R、SR、URと表現されていたりしますが、
低ランクのキャラクターを強くしても高ランクのキャラクターには能力値でかなわないのが普通です。

しかし、ファイアーエムブレムヒーローズは低ランクのキャラクターも育成することで高ランクのキャラクターにすることができます。
つまり、☆3でgetしたキャラクターを育て上げれば、自力で☆5のキャラクターにできるということ。
もちろん、時間は結構かかるので最初から高ランクのキャラクターをゲットしたほうが楽ではあるものの、課金をしなくても自力で高ランクのキャラクターを作り出せるのは嬉しいですね。

○やりこみ要素もあり

同じステージでも難易度を選択でき、ノーマル、ハード、ルナティックの三段階で選ぶことができます。
高い難易度用のミッションも用意されているので、強くなったら難易度をあげて挑戦するということもできます。

また、ファイアーエンブレムシリーズおなじみで、レベルアップした時に、キャラクターの能力値の上り幅はランダムです。
同じキャラを育てたときどれくらい差が出るか、今の時点ではわかっていませんが、同じキャラ、同じランク、同じレベルでも能力値に差が出るので、より強いキャラを追い求めてキャラクターを育てるというやりこみ要素もあります。

○ボイス実装が新鮮!

ファイアーエムブレム 覚醒など最近のファイアーエムブレムシリーズはキャラクターもしゃべりますが、これまでのシリーズと比べてもよくしゃべります。
また、ファミコンやゲームボーイアドバンスのファイアーエムブレムはボイスがなかったので、そういう意味では歴戦の戦士たちがしゃべるのはなんだか新鮮ですね。
戦闘シーンだけでなく、ステージセレクトした時や、移動のためにキャラをタップした時にもボイスが流れたりとにぎやかです(笑)

スポンサードリンク

ファイアーエムブレムヒーローズの残念な所

次にファイアーエムブレムヒーローズの残念な所をレビューします。
リリース直後なので、まだまだこれから改善される部分もあると思いますが、現時点ではこんなところに不満を感じます。

○戦略が広がらない

ファイアーエムブレムシリーズのファンとしては一番がっかりしたのがこの戦略性の薄さです。
サクッと終わるステージの裏返しではありますが、マップが狭く、出撃人数も敵も少ないので、戦略の幅が広がりません。「レベルをあげて物理で殴る」に多少毛が生えた程度。
戦略性がウリのゲームなのに、これはとても残念。

戦略要素としては剣は斧に強く、斧は槍に強く…という3すくみと遠距離攻撃が出来るユニットの存在ですが、マップが狭いため、上手くおびき出したり、またこちらのユニットを相手の弱点に当てるのも難しいです。

地味につらいのがユニットの移動距離が少ないところ。マップが狭く、移動範囲も騎馬系ユニットで最大3マスなので、移動に詰まってしまったり、味方とうまく連携が取れないです。

ファイアーエムブレムは敵の攻撃範囲をうまく見極めながら、遠距離攻撃をしかけたり、防御力の高いユニットを囮にしたり、移動力の高いユニットで一気に強襲をしかけたりという面白さが醍醐味なだけに、この部分が弱いのは痛いですね。

○盛り上がる要素があまりない

これはリリース直後なので、今後の展開に期待する部分もあるのですが、現時点でストーリーモードくらいしかすることがありません。
ストーリーモードの他には、レベル上げとアイテムが手に入る「修練の塔」、他プレイヤーと戦える「闘技場」(リアルタイムではなくCPU対戦)、クリアするとキャラクターが増える「スペシャルマップ」などがありますが、どれも今一つ盛り上がりに欠けます。

キャラゲーであれば、キャラクターがしゃべったり親密度を挙げたりして交流をするという楽しみがあります。
対戦系が主体であれば、自分が育て上げたキャラクターを使って戦い、ランキングを競ったりする楽しみがあるのですが、現状ファイアーエムブレム ヒーローズにはそのような楽しみはほとんどありません。

キャラゲーのようにこれまでのファイアーエムブレムのキャラクターを着せ替えしたり、会話をしたりする楽しみを追求するのか。
本格的な対戦ゲーとして育てたキャラクターをフル活用する戦いの場を作るのか。
それともシリーズのキャラクターが出ていることを利用して、普通では考えられないストーリー展開のイベントを配信していくのか。
これからどのように盛り上がっていくか注目です。

○操作性にやや難あり

ちょっとしたことですが、キャラの移動がしにくいです。
マップ上でキャラをタップしてスライドして移動したり攻撃したりする仕組みですが、これまで何回か意図しない所に移動させてしまったり、移動を2マス進めるつもりが1マスだけしか進めていなかったりというミスをしてしまいました。

ファイアーエムブレムシリーズをやったことがある方ならわかると思うのですが、スーパーファミコンやDSのゲームは、キャラクターを選択して、移動先を選択し、実際にキャラクターがそこまで移動するアニメーションがあり、その移動した先で攻撃あるいは確定(行動修了)を押す流れなので、どうしてもその癖が抜けずに、攻撃するつもりが敵の横に移動しただけになったり、移動した先でコマンドが出ずに「アレッ?」となってしまいます。

テンポを重視してのことだとは思うものの、私は少し戸惑ってしまいました。

○初期はリセマラ必須か

私は幸いにも一回目のガチャで☆5マルスを引くことができました。

ガチャの仕組みは1回あたり最大5体までキャラクターをゲットできます。
一体のキャラにオーブが5つ必要ですが、連続してガチャを引くことでガチャに必要な数が少なくなり、5回連続で引くことで本来25個必要なガチャが20個で回せます。

1体目:5個
2体目:4個
3体目:4個
4体目:4個
5体目:3個

最初に貰えるガチャを回すためのアイテムでいいキャラが出るまでガチャを繰り返すことをリセマラといいます。
どのガチャのゲームにもリセマラはあるものの、ファイアーエムブレム ヒーローズの場合、最初に☆5キャラが一人いるといないとでは攻略のしやすさが全然変わります。
正直☆3のキャラクターばかりでは、ストーリーモードや闘技場を勝ち進むのは結構大変です。

現時点で☆5を確実に引けるガチャチケットもないため、初期のリセマラはほぼ必須です。

まとめ:発展の可能性は無限大。だけど…

ファイアーエムブレム ヒーローズのレビューをお届けしました。
シリーズファンとしてはこれまでのキャラクターを使えることにワクワクする反面、シリーズの良さである「手ごわいシミュレーション」感がかなり薄くなってしまっているのは残念です。

ファイアーエムブレムがスマホで手軽に遊べるのはとても嬉しいです。
シリーズのキャラクターも特徴的なキャラクターが多いので、スマホゲームとしても受ける要素はあるはず。しかしこのまま何もしなければスグに飽きられてしまうでしょう。

これからファイアーエムブレム ヒーローズの世界がどのように広がっていくのか、期待しながらプレイしていきます。

スポンサードリンク
Pocket